”味”のことちょっと知りたくない?/Do not you want to know about “taste”?

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the taste story.

The taste can be broadly divided into six.

◇ Sweet
◇ Sour
◇ Salty
◇ Bitter
◇ Pungent
◇ Astringent

You know what?

I sense the taste with my tongue and understand it with my brain.
There is moisture on the tongue, but if you lack this moisture you will not feel the taste. If the taste dullens due to aging, the physical condition is bad and the taste is dull, it may be that the moisture of the tongue is insufficient (dry).

Let’s have a closer look at it.

Sweet
·function:
To control intelligence, to convey nutrition to the brain, to improve hair growth, skin color
·If you take too much:
Become fat, cause obesity, increase the risk of becoming diabetic
·Ingredients included: banana, milk, gold

I was eating a little sweet (chocolate) on the test day,It seems to be reasonable. Gilt is also very good for your body!

Sour
·function:
Promote digestion, clean up the mouth, give off guts accumulated in the stomach
·If you take too much:
Cause dizziness, cause itching, narrow visibility
·Ingredients included: vinegar, buttermilk, silver

The bad breath care product seems to have sour taste.

Salty
·function:
Increase immediate effect of drug, take swelling, make action quick
·If you take too much:
Cause inflammation, increase gray hair
·Ingredients included: salt, copper

By using it for a while, I will improve the sweetness, but it is useless if I use it too much.

Bitter
·function:
Decrease appetite, cool body
·If you take too much:
Too thin, reduce the number of cells necessary for the body, dry the body
·Ingredients included: Turmeric, Thunder Wood, Nimes

I did not know that turmeric would enter into a bitter taste.
I thought that it was tasteless.

Pungent
·function:
Sore throes · Effect on stomatitis and wounds, increase appetite, improve visibility
·If you take too much:
I am thirsty, dry, cause diabetes
·Ingredients included: black pepper, garlic, ginger

If you have a sore throat, you should gargle with salt water.
I got a point of intersection that there is work to suppress inflammation.

Astringent
·function:
It causes constipation, causes fullness
·If you take too much:
is thirsty
·Ingredients included: honey, dates, pearls

It was a talk of six tastes that are essential to body health.
Every taste has a role as well as taste.
Taking it moderately will also be a medicine, but taking it too much can be a poison to the body. I want to know the function and ingredients, and to take it in my usual diet in good balance. Balance is important in everything.

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、味覚のお話です。

味には大きく6つに分けることができます。

◇ 甘味 (あまい)
◇ 酸味(酸っぱい)
◇ 塩味(しょっぱい)
◇ 苦味(にがい)
◇ 辛味(からい)
◇ 渋味(しぶい)

ご存知の通りですね。

味覚は舌で察知し、脳で理解します。
舌には水分がありますが、この水分が足りないと味覚を感じなくなってしまいます。高齢により味覚が鈍ったり、体調が悪くて味覚が鈍い場合、ひょっとすると、舌の水分が足りない(乾燥)状態なのかもしれません。

それでは、もう少し詳しく見てみましょう

◆ 甘味
・機能:
 知性を司る、脳に栄養を運搬する 、育毛、肌の色を良くする
・摂りすぎると:
 脂肪となり、肥満の原因になる、糖尿病になる危険が高まる
・含まれる食材: バナナ、牛乳、金

私は、試験当日に甘い物(チョコレート)を少し食べていましたが、
理に適っているみたいですね。金箔は体にもすごく良いみたいです!

◆  酸味
・機能:
 消化を促進する、口まわりを綺麗にする、お腹にたまったガスを出す
・摂りすぎると:
 めまいを起こす、痒みを引き起こす 、視界が狭くなる
・含まれる食材:お酢、バターミルク、銀

口臭ケア商品には酸味が入っているようです。

◆ 塩味
・機能:
 薬の即効性を高める、むくみを取る、行動を素早くする
・摂りすぎると:
 炎症を引き起こす、白髪を増やす
・含まれる食材:塩、銅

少し使うことで、甘味を引き立てたりしますが、ついつい使い過ぎてしまいがそれはダメです。

◆ 苦味
・機能:
 食欲を低下させる、体を冷やす
・摂りすぎると:
 痩せすぎてしまう、体にとって必要な細胞が減る、体を乾燥させる
・含まれる食材:ターメリック、サンダーウッド、ニーム

ターメリックが苦味の仲間に入るなんて知りませんでしたよ。
無味だと思ってました。

◆ 辛味
・機能:
 のどの痛み・口内炎や傷口に効く、食欲を増進させる、視界が良好になる
・摂りすぎると:
 のどが渇く、乾燥する、糖尿病を引き起こす
・含まれる食材:黒胡椒、ニンニク、生姜

のどが痛いときに塩水でうがいをすると良いと言いますね。
炎症を抑える働きがあるということで合点がいきました。

◆ 渋味
・機能:
 便秘を引き起こす、膨満感を引き起こす
・摂りすぎると:
 のどが渇く
・含まれる食材:はちみつ、デーツ、真珠

体の健康にはなくてはならない味6つのお話しでした。
どの味覚にも味と同じく役割があります。
適度にとることで薬にもなりますが、過剰に摂ると体にとって毒にもなりかねません。機能や食材を知り、バランスよくいつもの食事に取り入れたいですね。何事もバランスが大事。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

トマトは南インド料理のスタメン/Tomatoes are South Indian food starks

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of tomato.

Since tomatoes are good for the body even in Japan from long ago, did not you tell me you should eat it because it is good for your skin? Tomato is also a very good ingredient in Ayurveda. In South Indian cuisine, we use tomatoes not only for curry but also for many dishes. Because the tomato intake is not hemispherical, they think that the skin is beautiful.
For 7 days when I learned South Indian cuisine, tomatoes are raised as ingredients like every meal, but is tomato so much used? I think so. However, it is used everywhere in South Indian cuisine. Until then, I came up with only cooked tomatoes and salads when I cooked tomatoes.
In the first place there is no idea of ​​warming tomatoes! What?

Analyzing tomatoes,

Taste
  Sourness, sweetness
◇ Nutritional elements
  Vitamin A (carotene)
Function
  Promotes appetite, anti-carcinogenic action and immunostimulatory action,hair health   maintenance, vision maintenance,Maintain mucosal and skin health respiratory system protection such as throat and lungs
Work
  Warm up the body and accelerate digestion
VPK analysis
  Raise Vata, Pitta, Kapa all
  * VPK analysis will be explained in detail separately

It is said in Ayurveda that tomatoes should be warmed and eaten if you think about having a good effect on your body.
And tomato and tomato juice are frequently used in Indian curry, but fresh tomatoes are high in Japan! ! !
So, tomato juice can also be substituted ^^
I think that whether it is absorbed in the body does not change so much in nutritional value.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はトマトのお話しです。

トマトは昔から日本でも体に良いから、お肌に良いから食べなさいなんて言われてきませんでしたか。アーユルベーダーでもトマトはとっても良い食材です。南インド料理では、カレーのみならず、多くの料理でトマトを使っています。トマトの摂取量が半端ないから、彼らは、肌が綺麗なのではないか、と思ったりします。
南インド料理を習った7日間、毎食のようにトマトが食材としてあがるのですが、そんなにトマトって使い道あるかな?と思えるほど。しかし、南インド料理では至るところに使います。それまでの私は、トマトを使った料理って、冷やしトマトやサラダに沿えるぐらいしか思い付きませんでした。
そもそもトマトを温めるという発想がないのでは!?

トマトを分析すると、

◇ 
  酸味、甘味
◇ 栄養成分
  ビタミンA(カロテン)
◇ 機能
  食欲増進、抗発ガン作用や免疫賦活作用、髪の健康維持、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統の保護
◇ 働き
  体内を温め、消化を早める
◇ VPK分析
  ヴァータ、ピッタ、カパ全てを上げます
  ※VPK分析については、別途詳しく説明します

体に良い影響を与えることを考えるならば、トマトは温めて食した方が良いということがアーユルヴェーダーでは言われています。
そして、インドカレーにはトマトやトマト汁が多用されているのですが、日本ではフレッシュトマトは高い!!!
ですので、トマトジュースでも代用可能です^^
体内に吸収される栄養価的にはそう変わらないのかな、と思います。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

スパイスとハーブは何が違うの?/What is different between spice and herb?

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of spice and herbal difference.

Nowadays, since herbs are booming, perhaps the word herb is more familiar to the ear than spice.
In addition, there may be people who think that it is dangerous because the words are walking alone for dangerous drugs because they are walking alone, and there are many people who have images of herbal tea in cafes and other menus Is it not?

Well, the difference between the essential spice and herbs, but honestly, this is the answer! There is no clear right answer.
However, when classified academically,

◆ Herbs feed leaves and flowers of plants
◆ Spice refers to everything including trees and fruits

And it is explained. Wikipedia is a relatively unclear explanation, but this classification is the best for me.

For interesting stories, I also classify like this.

  • Herbs that can be taken in Europe, spices that can be taken in tropical and subtropical regions
  • Grass with a good scent has herbs
  • Useful grass herbs

Either way, it seems that spices and herbs are considered separately on some basis.

Why is there no clear right answer? Thinking on my own, spices and herbs have been studied from many disciplines such as botany, medicine, agriculture, pharmacology, nutrition, etc., and their use is also diversified from cooking, medicine, scent and so on ,I think.

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、スパイスとハーブの違いのお話です。

昨今、ハーブがブームになっているので、もしかすると、スパイスよりもハーブという言葉の方が耳馴染みがあるかもしれません。
また、危険ドラッグに脱法ハーブなんて言葉が一人歩きしているせいか、危ないものと考える人もいるかもしれませんし、カフェなどのメニューにあるハーブティーのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

さて、本題のスパイスとハーブの違いですが、正直なところ、コレが答えです!という明確な正解はありません。
しかし、学術的に分類すると、

◆ ハーブは、植物の葉や花の部分をさし
◆ スパイスは、木、実を含めた全てのことをさす

と、説明されています。wikipediaなどを見ると割と曖昧な説明なのですが、私にはこの分類が一番しっくりきています。

面白い話には、このように分類していたりもします。

  • ヨーロッパでとれるのはハーブ、熱帯・亜熱帯地方でとれるのがスパイス
  • よい香りを持つ草がハーブ
  • 有用な草がハーブ

いずれにせよ、何らかの基準でスパイスとハーブは分けて考えられているみたいです。

なぜ、明確な正解がないのでしょうか。自分なりに考えてみると、スパイスやハーブは、植物学、医学、農学、薬学、栄養学など、多くの学問から研究されていたり、用途も、料理、薬、香りと多岐に渡るからなのかな、と思います。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Celery has different likes and dislikes, but very versatile

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of Celery.

Origin is Southern Europe and Sweden. It is familiar celery with vegetables. Parts used in vegetables are leaves and stems, but the parts used as spices are divided into seeds (the pictures are not available for vegetable celery).
Like the leaves and stems of celery seeds, there are unique fragrances, odor and bittersweet.
In ancient Rome and Greece, it was used as a medicinal rather than as a vegetable. It is indeed painful for good medicine.

Well, although it’s efficient

  • Taste: pungent
  • Function: Heating body
  • Working: Diuretic action, Intestinal action, Treatment of eye inflammation, Sweating action, Treatment of bruise, Treatment of rheumatism
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: increase Kapha

It is definitely medicine when you see efficacy. It is all-purpose.
In recent years, there are many productions in Shizuoka and Nagano etc, and vegetables familiar in Japan (although there was no recognition of spice), it was in the late 16th century that I came into Japan. It seems that Kiyoshi Kato was also called “Seiji carrot” because it brought back for fake carrot seed. In other countries, Hippocrates, the father of medicine, says, “If nerves are lost, you should eat celery and take medicine”.

It is celery compatible with tomato dish. Besides, it is good to use for dressing, stewed dishes and pickles.
So that makes it easy I made celery pickles (pickles?).
I mixed salt, clove, pepper, chili peppers in vinegar, soaked celery there.

If you do this, you can eat a bite.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

セロリーは好き嫌いが分かれるがとても万能

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、セロリーのお話しです。

原産地は南ヨーロッパやスウェーデンです。野菜でお馴染みのセロリーですよね。野菜で使用する部分は、葉や茎ですが、スパイスとして使用する部分は種子という分け方をしています(写真は手に入らなかったので野菜のセロリーです)。
セロリーの種子も葉や茎と同様に、独特の香り、青臭さとほろ苦さがあります。
古代ローマやギリシャでは、野菜としてではなく医薬的に使用していたのだとか。まさに良薬口に苦しですね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:利尿作用、整腸作用、眼炎の治療、発汗作用、打撲の治療、リウマチの治療
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:カパを上げる

効能を見ると確かに薬ですね。万能です。
昨今、静岡や長野などでの生産が多く、日本でもお馴染みの野菜です(スパイスの認識はありませんでしたが)が、日本に入ってきたのは16世紀後半のこと。加藤清二がニンジンの種子と偽って持ち帰ったことより「清二ニンジン」とも呼ばれていたそうです。諸外国では、医学の父ヒポクラテスは、「神経がまいったならば、セロリーを食べて薬にするとよい」と述べてもいます。

トマト料理と相性の良いセロリーです。他には、ドレッシング、煮込み料理やピクルスなどに使うと良いですね。
ということで、簡単にできるセロリーの酢漬け(ピクルス?)を作りました。
お酢に塩、クローブ、花椒、チリペッパーを混ぜ、そこにセロリーを漬け込みました。

これだと1房ペロっと食べれますね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

スパイスの形とその使い方を教えます!/I will show you the shape of spices and how to use them!

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today, I am talking about the form of spice and how to use it.
First, as a shape for using spices,

  • whole
  • Powder
  • Rubbing
  • MIX

There are four types. Everyone, have you seen it? Have you used it?
Let’s explain each of the four shapes one by one!

whole,
Spiced prototype itself dried. Because it uses spice fruit and leaves, it is easy to image because it is the appearance of spice itself.
It is also called starter spice because it is often used at the beginning of cooking. It is hard to lose its fragrance and it is suitable for long-term preservation. Depending on things, it has one to several years. By using boiled food to be heated for a long time and fried oil together with the spice of the hall (it is a cooking method called tempalink), the fragrance shifts to the ingredients and complements the dishes, so fried vegetables and fried rice are also good Right.

Powder,
Grinding holes in powder form. The fragrance is fast, but the strength is a little weak. It has a role to make it easier to incorporate the nutrition of spices into the body and to decorate the appearance.
It is common to use stewed dishes such as curry and stew, finish, accents for coloring and texture.

Rubbing,
Grind the hole roughly. The fragrance is easy to stand. I often use it for preparing and cooking. Because fragrance is easy to stand, it can be handy when you take out the smell of meat and fish. Also, there is fun to taste the texture.

Mix,
A blend of multiple spices. Use powder or rough meat.
Spice Use spicy characteristics (incense, taste, etc.) and use it when you want to give depth and depth to taste. Curry powder and others are representatives of mix spices. There are many mixed spices such as Goka powder and Elbudo Provence (this opportunity is another opportunity).


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、スパイスの形とそれに合った使い方のお話しです。
まず、スパイスを使うための形状としては、

・ ホール
・ パウダー
・ 粗びき
・ ミックス

この4種類があります。みなさん、見たことはありますか?使ったことありますか?
それでは、4種類の形状を1つづつ説明していきましょう!

ホールは、
スパイス原型そのものを乾燥させたもの。スパイスの実や葉を使うので、スパイスの姿そのものなのでイメージしやすいですね。
料理のはじめに使うことが多いことからスタータスパイスとも呼ばれています。香りが失われにくく長期保存にも適しています。モノによっては、1年~数年持ちます。長時間加熱する煮込み料理や、ホールのスパイスと一緒に炒めた油を使う(テンパリンクという調理法です)ことで、香りが食材に移り料理を引き立てるので、野菜の炒めものやチャーハンなどもいいですね。

パウダーは、
ホールを粉末状に挽いたもの。香り立ちは早いですが、強さは少し弱くなります。スパイスが持つ栄養を体内に取り込みやすくしたり、見た目を装飾する役割があります。
カレーやシチューなどの煮込み料理や、仕上げや、彩りや食感のアクセントとして使うことが多いです。

粗びきは、
ホールを粗めに挽いたもの。香りが立ちやすいです。下ごしらえや調理の時に使うことが多いです。香りが立ちやすいことから、肉や魚などの臭みを取る時に重宝できます。また、食感を味わう楽しみもありますね。

ミックスは、
複数のスパイスをブレンドしたもの。パウダーや粗びきのものを使います。
スパイスそれぞれの特徴(香や味など)をいかし、味に深みや奥行を出したい時に使います。カレーパウダーなどはミックススパイスの代表ですね。五香粉やエルブドプロバンスなど多くのミックススパイスがあります(この話はまたの機会に)。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

スパイスのイメージって?/What is the image of spice?

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

What is the image of spice?

What kind of image do you have with spice?
After all curry? Spicy? How do you use this? Does it seem high? Medicine-like?
Is it?
People who are involved with spices everyday and those who do not, the images that come to mind are different and they are interesting. Please let me know ^^

As a role of spice commonly said,

  • Better cooking (incense, coloring)
  • Add umami
  • Make food ingredients last longer
  • Eliminate smell of ingredients
  • Antibacterial action, prevention of food poisoning

It is that it is suggested on books, lectures and online.

I, there

  • To make human health
  • To make a person happy (not a strange meaning lol)
  • Excitate humans

I think that there is such an effect, so I would like to add it.

Why you ask?
After eating Spice cuisine,

  • Sweaty and stupid skies
  • The flight is going out
  • Body sharpness
  • I felt the gastrointestinal activity became active
  • I came up with something

And, in fact, I felt it!

Especially Southern Indian cuisine uses a lot of spices. The meal at the Ayurveda facility is the same vegan, spice dish as the patient. I am fond of meat and fried food but still I am delicious and eaten Vegan cuisine every day without getting tired, I think that the influence of spice is great, after all. On top of that it is tasty, furthermore, nutrition is also outstanding, so after all spices are attractive.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

スパイスのイメージって?

スパイスと聞いて、みなさんはどんなイメージを持ちますか。
やっぱりカレー?激辛?どうやって使うの?なんか高そう?薬っぽい?
などでしょうか。
スパイスと日常的に関わる人とそうでない人、それぞれで思い浮かぶイメージが異なり面白いです。是非聞かせて下さい^^

一般的に言われているスパイスの役割としては、

  • 料理を引き立てる(香、色付け)
  • うまみを加える
  • 食材を長持ちさせる
  • 食材の臭い消し
  • 抗菌作用、食中毒の防止

などで、書籍や講習、ネット上で提言されていることです。

私は、そこに

  • ヒトを健康にする
  • ヒトを幸せな気分にする(変な意味でなく笑)
  • ヒトをワクワクさせる

こんな効果もあるのではないかと思うので、付け加えたいのです。

なぜかって?
それは、スパイス料理を食べた後、

  • 汗をものスゴクかいたり
  • 便がもりもりだったり(笑)
  • 体がポカポカしたり
  • 胃腸が活発になった気がしたり
  • なんか元気出てきたり

と、実際に、体感したからです!

特に南インド料理は、スパイスを多く使っています。アーユルヴェーダー施設での食事は、患者さんと同じヴィーガン、スパイス料理です。お肉や揚げ物が好きな私ですが、それでも、飽きることなく、美味しく、毎日ヴィーガン料理を食べれたのは、やっぱり味付け、すなわちスパイスの影響は大きいのではないかと思うのです。美味しい上に、さらに、栄養も抜群なのですから、やっぱり、スパイスは魅力的です。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

スパイスを分類しよう/Let’s classify spices

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today, I am talking about spice attribute.

Not limited to spices, plants are divided into attributes and subjects.
If you try to identify it within the range you know,

Course Spice
Orchids Department Vanilla
Mulberry family hemp nuts
Poppidae Nen no kun
Ominaidae Marsh
Taconaceae Nioaden
Buttercup family Nigera
Family Family Caper
Iridaceae saffron
Dokudami Dokudomi
Tada family Sorel, tatara
Urushi Smack, Mango Powder
Nutmeg Mace Nutmeg, Mace
Asteraceae Tarragon, safflower
Gramineae Lemon grass
Solanaceae paprika, red pepper
Yuri Garlic, Chives
Famous family Allspice, cloves
Rubiaceae Gardenia
Legumiaceae Kanazu, Tamarindo, Fenugreek
Shikimi Department Star Anise
Camphoraceae Cinnamon, Cassia, Laurel, Sassafras
Brassicaceae Horseradish, Rucola, Wasabi, Watercress
Pepper family pepper, cuba, long pepper
Orchidaceae Sansho, pepper, curry leaf, cafe lime
Seriée Anise, Caraway, Cumin, Coriander, Charville, Dill, Parsley, Fennel, Asa Fetida, Ajo One, Celery
Ginger family cardamom, ginger, garangaru, grains of paradise
Labiatae oregano, sage, thyme, basil, marjoram, mint, rosemary, savory, shiso

Roughly introduced 30 weak subjects.
Unless you are a good expert, there is absolutely no need to remember all this, and you do not use it. However, important five attributes, if you remember it in conjunction with efficacy etc, can be useful when considering a combination of spices I will.

  • Crucifers
    • Many things that are exciting and pungent, they work to break down proteins
  • Seri
    • It has a unique strong scent, it works to prepare the mucosa of the stomach and small intestine
  • Ginger family
    • I have a strong scent
  • Labiatae
    • Featuring a refreshing feeling and aroma, it is mainly used for flowers and leaves
  • Pepper family
    • Featuring exhilarating scent and strong pungent character, fruits are used

When you know the classification, it seems that you can enjoy the combination more.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、スパイスの属性についてのお話しです。

スパイスに限らず、植物には、属性や科目に分けられています。
自分が知ってる範囲っで洗い出してみると、

科目 スパイス
ラン科 バニラ
クワ科 麻の実
ケシ科 けしの実
オミナエシ科 マーシュ
タコノキ科 ニオイアダン
キンポウゲ科 ニゲラ
フウチョウソウ科 ケイパー
アヤメ科 サフラン
ドクダミ科 どくだみ
タデ科 ソレル、たで
ウルシ スマック、マンゴーパウダー
ニクズク科 ナツメッグ、メース
キク科 タラゴン、サフラワー
イネ科 レモングラス
ナス科 パプリカ、唐辛子
ユリ科 ガーリック、チャイブ
フトモモ科 オールスパイス、クローブ
アカネ科 くちなし
マメ科 かんぞう、タマリンド、フェネグリーク
シキミ科 スターアニス
クスノキ科 シナモン、カシア、ローレル、サッサフラス
アブラナ科 ホースラディッシュ、ルッコラ、わさび、クレソン
コショウ科 胡椒、クベバ、ロングペッパー
ミカン科 山椒、花椒、カレーリーフ、カフェライム
セリ科 アニス、キャラウェイ、クミン、コリアンダー、チャービル、ディル、パセリ、フェンネル、アサフェティダ、アジョワン、セロリー
ショウガ科 カルダモン、ショウガ、ガランガル、グレインズオブパラダイス
シソ科 オレガノ、セージ、タイム、バジル、マジョラム、ミント、ローズマリー、サボリー、しそ

ざっと30科目弱紹介してみました。
よほどの専門家でない限り、これ全部覚える必要は全くありませんし、使うとこないです(笑)しかし、重要な5属性は、効能などと併せて覚えておくと、スパイスの組み合わせなどを考える時に重宝できます。

  • アブラナ科
    • 刺激的で辛味を持つものが多く、たんぱく質を分解する働きをします
  • セリ科
    • 独特な強い香りを持ち、胃や小腸の粘膜を整える働きをします
  • ショウガ科
    • 強い香りを持ちます
  • シソ科
    • 清涼感のあり香りが特徴で、主に花・葉が使われます
  • コショウ科
    • 爽快な香りと強い辛味が特徴で、果実が使われます

分類が分かると、組み合わせがより楽しめそうですね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

「スパイスの歴史」のご紹介/introduction to a book 「SPICES:A GLOBAL HISTORY」

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is an introduction to a book about spices.

Although I wrote articles on the history of spices and curry in several times, I felt like I wanted to know a bit more deeply and found a book that seemed good at looking.

「SPICES:A GLOBAL HISTORY」原書房
FRED・CZARRA:著、竹田円:訳

Beginning with the introduction, a total of 5 chapters.

There are more than 100 kinds of spices, but in this book, we focus on 5 spices, and the history from ancient times, medieval to modern is spelled out.
With 5 spices,

is. areuspicy Spice dictionary has already appeared ^^

According to this book, in modern times, the use rate of spice is high in the UK. However, it is Italy that familiar with usage.
What a funny thing, many people have longing for spices, with the mind you want to get? Since it will happen until the war, it is a thing that fascinates people and the world.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、スパイスに関する本のご紹介です。

何回かに分けて、スパイスやカレーの歴史の記事を書きましたが、もうちょっと深く知りたいな、という気持ちにかられ、探したところ良さそうな本を見つけました。

「スパイスの歴史」原書房
フレッド・ツァラ:著、竹田円:訳
序章から始まり、計5章立て。

スパイスは、100を超える種類が存在するのですが、この本では、5つのスパイスに絞って、古代、中世~現代までの歴史が綴られています。
5つのスパイスとは、

です。areuspicyのスパイス辞典にも既に登場していますね^^

この本によると近代において、スパイスの使用率が高いのは、イギリスだそう。しかし、使い方を熟知しているのはイタリアだとか。
なんとも面白く、多くの人が、スパイスの憧れを持ち、手に入れたい一心で?、戦まで起きるぐらいなので、人や世界を魅了するモノなのですよね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

あなたはタイムの香りがする

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、タイムのお話しです。

タイムの原産国はヨーロッパ。白やピンクの花を咲かせる植物で、スパイスとして使用する部分は、葉や花です。タイムと聞くと、時間TIMEと何か関連があるのかな?と思いきや、スペルがそれとは違ってThymeです。ギリシャ語でチモン(Thymon)、防腐を意味することが語源のようです。
語源もそうですが、古代ギリシャで重宝してたみたいですね。人間の能力を高めると信じられていたそうで、勇気、大胆さのシンボルだったようです。
この時代のギリシャでは、「あなたはタイムの香りがする」というのは最高の褒め言葉だったようですね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:駆虫、鎮痙
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、駆除や芳香で使われることが多いですが、その芳香を用いて、歯磨き粉の香料として使われていたり、その昔は薬用としても使われていました。とても爽やかな香りがするので、タイム単体で香りを堪能できますね。自分には、お香に近いようにも感じました。

使い方は、肉や魚料理、スープやドレッシングに和えるのも良いですね。大量に摂ると苦味がまさるので、少量をお使い下さい。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆